ロゴ
HOME>特集>不要品は処分せずにリサイクルショップに買取してもらおう

不要品は処分せずにリサイクルショップに買取してもらおう

不用品

自治体に依頼して処分するとかかる費用

自治体に不用品の処分を依頼することができます。ただ、あくまでも粗大ゴミ回収作業になります。各自治体によりルールは違いますが、粗大ゴミ回収センターに電話かメールで依頼します。その上で粗大ゴミ回収の手続きを取り、指定の回収場所に指定日に出すことになります。その時に、指定されたゴミ処分代金が発生します。対して、リサイクルショップで不用品の回収を依頼すれば、自治体に処分を依頼するより費用は割高になりますが、転売できる物は買取し、転売できない物は不用品として処分します。京都などでも同様です。それに、リサイクルショップの場合は自宅に訪問し、事前に見積を取ります。そして、自宅まで不要の回収に来てくれます。自治体の場合は、費用は安価ですみますが時間はかかり手間もかかります。物はすべて処分されます。対して、リサイクルショップでの買い取りの場合には手間はかからず、使える物は転売され、不用品は処分されるが費用は高くなります。

リサイクル

リサイクルショップなら買取可能

遺品などの整理が必要な状況があります。身内で分けるにも持ち帰る限界があります。京都のリサイクルショップではそんな時に遺品などの買取をしてくれます。それに、転売できない物の処分も同時に行います。自治体で不用品として処分されるよりは有効活用に繋がります。また、リサイクルショップであれば自宅に来て、直接に価格の見積もりを出し買取をしてくれます。買取ができる物が処分する物が多ければ費用を抑えるだけでなく、場合によってはまとまったお金が残る事もあります。そこで、遺品整理については、積極的にリサイクルショップを利用すれば有益になります。その上、品物を持ち出す手間はほぼかかりません。ただし、不用品の量が買取できる物より多くなれば費用が自治体に処分を依頼する時と同じか高くなることも考慮する必要があります。